地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年10月15日

にしてつ電車まつり2018バスクイズ大会蛇足

Q1.
西鉄車番で0001、0002号は現在「はかた号」に付番されていますが、
「はかた号」の前はどんな車両がこの番号だったでしょうか。

A1.
0001…バンホール アストロメガ(西鉄初の外国製ダブルデッカー)
0002…ネオプラン スターライナー
ちなみに愛称は「ビスタコーチ」

2階バスが走り出した時代のチラシは、以前掲載していますのでご参照ください。
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1981473.html
右の青いのがバンホールで、左の茶色がネオプランです。

現在の車がエアロクイーンなので、先代はかた号を考えて、
「エアロキング」って答えたら「惜しい!」って感じでしょうか。
「はかた号の前」なのか「前のはかた号」なのか、耳だけでは判別難しいです。

で、この会員バスのチラシが昭和57年なので、
リアルタイムで認知できてる方は、現在40代後半以上?
若いマニアさんにはツライ問題でございますことよ。

当方、問題を教えていただいたのが当日の打ち合わせだったのです。
事前に知っていれば、チラシ現物を持参したのですが。

☆☆☆

Q2.
100円で西鉄のリクライニングシート車両に乗れる区間がありますが、
それはどの路線でしょうか?

A2.
太宰府ライナー旅人 太宰府=太宰府市役所前=大宰府政庁跡

これ、実はいただいた台本には「A.赤間急行」って書いてありまして(苦笑)。

天神=蔵本間は100円なんですけど、クローズドア(乗降取扱無し)なんですよね。
天神や中洲で乗ったら、産大南口まで乗らないといけないので、
100円では乗れないのです。

同様に、博多駅=呉服町も100円区間ですが、
ここを高速車両でも走る「400」も蓮池からしか乗降できず、
蓮池=呉服町は190円なのです。

ということで出題者の方に
「これ解答は間違ってますが、ほかに100円で乗れる区間があるので、
そっちを正解にして問題はそのまま活かしましょう」
と提案して採用いただきました。

100円区間というと、やはり都心か、もしくは駅から100円を考えるせいか、
誰も正解者は出ませんでしたね。
当方は手前味噌ながら、何度か話題にしております。

■太宰府市役所
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1792078.html

■太宰府
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1783738.html

☆☆☆

Q3.
ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレードにはFOTBが使用されていますが、
1999年ダイエーホークス時代のパレードに使用されたバスは何号車でしょうか。

A3.
1895号車

前面窓、正面向かって右側が下がっている非対称のカタチ、
試作車として最初に採用されたのが、84年式の1894と1895です。P-LV314M。
1998年発行の西鉄バスの本を参照すると、所属は土井だったようです。
そういう記念の車両なので、注目される祝賀パレード用に改造されたのでしょう。
パレード時も土井だったかどうかは、当時まったく意識しておりません。
ごめんなさい。

58MCの58は昭和58年すなわち83年で、
「破産」に通じるため数字を58に置き換えたと聞いております。
非対称の前面窓が採用になったのは、58MCになってすぐですから、
84年か85年のいすゞなら18台か19台、ってのは推定可能なのかなー。
でもそもそも、パレードに使用されたのが試作車だという紐付けが難しいですね。

誰も正解が出なかったら三択にしましょうということで、
1895、1985、6265という選択肢を上げさせていただきました。
6265は言うまでもなく、西工の最終製造車ですから除外、、、できますよね?
U代の日産車がパレード採用されたので、
その記念車号を最終車に付番したってのは、話として出来過ぎでは。

1999年ということで1999とお答えになられただけかもしれませんが、
結果的に最初の回答でいすゞの番号を書かれたのがおひとりだったので、
独断でそちらを正答にいちばん近いものと見做させていただきました。

☆☆☆

以上、誤りもあるかと存じます。コメントにてご指導いただけますと幸いです。


  


Posted by ちょんびん at 21:29Comments(0)妄想・虚言

2018年10月12日

岳の湯2017

■岳の湯前回(2011年)
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e746858.html



湯気。



熱い石。座ると火傷するかもしれませんが、それを囲うのが安全対策なのか。
遊んではいけないと言われている池に落ちて死ぬのは、自己責任じゃだめなんですかねぇ。



バス通りと湯気



バス派とおらないですが、通してみたい。



転回場の後ろからも。地球が活動していることを感じる、などと大きく構えてみて、



でも追いかけてるのはバス停。



岳の湯。



夕方にチェックインして、翌朝に出発できないこともないのですよ。



微妙に10分の時刻変動は、通学関連か、ゆうステーションでの乗り継ぎか。



スクールバスを別便で走らせるなら、他の人も載せればいいのに、
とまあ法律や安全面やいろいろありますけどいちおう書いておきます。



噴気使用料金。



どこかしこ白いのに、バスとの絡め方がわかりません。



リエッセⅡ



道端で待機します。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス

2018年10月11日

戸井の口


茂みのトンネル。



この道路自体も国道です。この規格でも。



戸井の口。



麻生釣への玖珠観光がなくなりまして、産交が岳の湯まで。



29年10月のダイヤ改正前写真が、まだ処理できていない当方ブログ。



はげのゆ、漢字難しいですね。



現在地。



峠越え。



たぶん戸井の口は樋(とい)の口。



どこに水を運んでいるのか。



宮原線の遺構も。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)産交バス

2018年10月09日

城山峠


城山峠。



赤間営業所まで170円。



載せる気なし。



さらに減便。



すぐ先が海老津と新国道への分岐。



10月1日ダイヤ改正。



岡垣町。



もとの鹿児島本線線路跡です。いまはトンネルで真下を走ってます。

これでたぶん、西鉄バスの「峠」完全掲載です。
っていうほど数ないんですけどね、戦略的に業務をこなすのが苦手なんですよ。

  続きを読む



Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)宗像

2018年10月08日

赤鳥居


赤鳥居。



どうせこんな時間帯にバスは走ってこないしという典型的な油断をしていたら、
若松ボート送迎の帰り便のため回送で向かう赤間9468に出逢いました。



赤鳥居。



この本数に、



ちゃんと改正後時刻表を掲示する必要があるのかどうか。



母の家経由。そういえば「20」です。



赤間への戻りは、もともと1日1本。



時刻は変わっていますが、本数は変化なし。



赤間営業所まで190円なんですよ。近いんですよ。でも人の行き来がないんでしょう。



太陽光を受けてバス停。発電はしません。



岡垣コミュニティバスふれあいにも、バス停があります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)宗像