地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年11月06日

波居原鬼渕


交差点。



黒川側の分岐。



川に沿い、



集落。



せり出し。芹とか迫とか瀬里とか世利とか、まあ似たような意味です。



バス停と金魚。



製材。



波居原。



黒川循環。



往復でないので、そこそこ本数はあるほう。



時刻は変更になっていますが、減っていません。



バス通り。



狭いとこ好きです。フロイト的に解釈するのが一番単純です。



収穫期。この田園風景と狭隘が、僅か100mほど。



水の流れが削った河原が耕作地になり、



バス停。



鬼渕。



通り抜けたいだけの人は、トンネルへ。



バスは削られなかった岩盤に沿って、集落に寄るためこの道を走ります。


  


Posted by ちょんびん at 17:59Comments(0)産交バス