地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年04月11日

2019年04月11日

長崎新地ターミナル


頭端式ゆうんですかね、頭から突っ込んで、出発時にいちどバックするターミナル。



裏の道を回送でやってきて、



中で客扱いをして、



専用の通りから各地へ走り出します。



南方面は、前の道からの発着、というざっくりした把握しかしていませんが。



長崎県営バスも行き交いますが、立ち寄りたくて前をうろついているわけではないです。



長崎バス



今さら載せるのも恥ずかしいですが、新地ターミナル初掲載です。



新地ターミナルといえば、これ。
初見殺しと言い続けて20年あまり、つまりは初見じゃなくても見るたびに逝きます。

いや大概の行先にバスが頻繁に走ってるので、
真面目に見なくてもよかった、というほうが状況としては正確かも。



待合。



いつの間にか電光掲示に。



路線図は健在。



長らく掲載しないまま塩漬けにしてたのがバレる写真。



あまり真面目に見ることがないので、間違い探しは苦手です。



新地といえばバスターミナルであって、この中に進んだことは一度もありません、たぶん。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス