地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年10月06日

蔵々漁港


イントロの三角とさんぱーるで、すでにそれなりの「おなかいっぱい感」を得て、
やっと最初のメインの「蔵々漁港」行き。でもまだ朝の8時です。
と、知ったようなことをほざいてますが、維和島へは初訪問。



バスを降りたら、おっさんが迎えてくれました。



バス停がなければ、ここに来ることはなかったでしょうし、
バス停がなくなれば、二度と戻ってくることもないのかもしれません、
と、廃止路線を辿るときに何度となく浸る感傷を覚えつつ、



数分の待機時間の間に、ここにバスがいたことの証を。



帰り便の車窓からも、「蔵々農協前」のバス停を。
これで私の心の中には、またひとつ思い出が刻まれるのです(笑)。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。