地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年10月17日

目玉入口


朝3時半に起きてバスに乗っているので、
本来の目的である蔵々と下山に行けば、あとは満足して帰ればいいものを、
一日乗車券は乗り放題だからと、さんぱーるから赤崎まで行き、
さらにせっかくここまで来てるんだし、と望薩峠を越えて、珍名「目玉入口」。



赤崎方



倉岳方



入口って言うくらいなんで、目玉集落はこちら、分かれ道の奥のはず。



路線としては、すでに機能していませんけどね。



さらに欲張って、倉岳校から最終便で「浦公民館前」(旧浦学校前)まで。
目玉入口を見たあとだと、ものすごく本数の多い場所のように感じます。

以上、上天草行脚はこれで記録終了。次は福島を載せたいと思います。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。