地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年01月06日

西海橋西口


当たり前の話なのですが、
ブログ記事を紹介するサムネイルは1枚目の写真が使われますので、
今年は各号の中で、いちばんマシなのを最初に持ってきて、
しかもサイズを大きくする、ということを試してみます。

これまでの、全て同じ大きさのサムネイルに戻ったら、
作業的にひと手間かけるのが面倒になったんだなと理解してください。



今回はコラソンホテルから、徒歩で西海橋を渡りました。
西海橋を渡るバスは少ないので、バスで通過したあとに、
次のバスを撮ろうとすると、1時間待ちなんてこともあります。



長崎方。
西肥バスは左側の公園で方向転換をして、




西海橋の方を向いて、出発まで待機。



バス停前の店舗がなくなってしまって、新西海橋がすこし見えます。



この訪問が12/15、このバス停を見てさいかい交通に乗りたくなり、
29日は3時起床で大瀬戸まで行ってしまいました。
ということで、カテゴリにさいかい交通が増えております。

長崎バスと一緒でもいいかなー、とは思ったんですけどね。
大交北部や玖珠観光を一緒くたにしているのと、整合性がとれませんし。
でも産交バスも営業所ごとに分類しておけばよかった、って状態になってますので、
まだ将来に永く続くことを祈って、敢えて細分化しておきます。



同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
佐世保実業高校
椎木町
椎木峠
第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ
浅谷
徳義再
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 佐世保実業高校 (2017-12-28 06:06)
 椎木町 (2017-12-27 21:41)
 椎木峠 (2017-12-19 06:06)
 自家用車で生月島に行ったのは初めてです (2017-10-18 22:19)
 第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ (2016-11-20 09:00)
 浅谷 (2016-11-07 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。