地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年03月01日

大口


このトンネルが、三角~松橋のハイライトだと思う私、
せっかく大型が通過する時間を狙ったにも関わらず、
魅力を存分に伝える写真を残す技量を持ちませぬ。



トンネル部分拡大。
古い小さめのトンネルがあるのを、出入り口部分だけ後から補強していて、
広さが二重構造になっています。中がより狭いので、
見た目より乗った方がギリギリ感を味わえます。
まあそんなこと言い出したら、運転すればさらにドキドキするんでしょうが(笑)。



毎日のこととして慣れておられる運転士さんは、
狭い道をものともせず、かっ飛ばして走り去ります。



不知火名物、デコポンの間を抜けて、
と知った風に書きますが、柑橘を見分ける能力もないんで、
これは甘夏だ、とかいうツッコミは歓迎です。
樹木医の父と農家出身の母を持ちながら、まったくもって。



坂の上から見える浦。
堤防沿いに直進する国道。
ピントを合わせ損ねてボケる写真。



「大口」です。けっこう海から距離のあるとこまで、
入り込んでバスが走ってるもんです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。