地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年03月08日

平木橋際


川沿いの道は、新年早々時点で工事中。
いまはさらに進捗している可能性が高いです。



川の向こうが平木橋バス停。
もともとはこの辺りに、渡し船があったと思われる設え。



「平木橋際」。
川口二丁から宇土へ、僅かな本数が素敵な道を走っているのですが、
この路線が魅力的なのも、そう長くはなさそうです。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(6)産交バス
この記事へのコメント
突然のコメント失礼致します。
生まれ故郷がこの近くの者です。
昔の平木橋の写真はないかと、「平木橋」で検索をかけてたどり着きました。
この産交のバス停がある場所がおそらく、昔の平木橋がかかっていた場所だと思われます。
(川を渡って対面の宇土側に旧道の名残と「平木橋」バス停が見受けられます。)
私が子供の頃まで時代劇に出てくるような趣のある長い木造の橋が架かっていたのですが、さすがに老朽化がすさまじく、少し川上側に国道501号が出来て、今の平木橋になっています。
宇土へ行くバスはこの平木橋で折れて川口から宇土方面へ走っていました。
旧平木橋のたもと(二丁側)に昔は小さな商店があったように記憶しています。
Posted by 田舎者 at 2015年02月15日 20:52
コメントありがとうございます。
地元の方が反応してくださるのは嬉しいです。
私のブログ、だいたいの場合に於いて検索の邪魔をいたします。
そこのところはご容赦ください。

なるほど!橋の位置が違ったんですね。
平木橋際と平木橋のバス停の位置に納得です。
木造だったところから、平木橋の名前が来ているのかもしれませんね。
子どもの頃までというお話ですが、いつ頃まであったんでしょう?
だいたいの年代で結構ですので、お知らせいただけると幸いです。

これを撮ったのは、14年の年初ですので、
今はもう河川敷の工事も終わって、
二丁側は立派な道路になっていることでしょう。
もう小さな商店の名残を辿れないのが惜しいです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年02月15日 22:21
ちょんぴん様
コメントへのレス、どうもありがとうございます。

平木橋の平木というのはは、どうも宇土側の地名のようですね。
今の国道501号が出来てしばらくは旧橋もあったようにも記憶していますが、その辺は定かではありません。取り壊されたのは25年位前でしょうか?
その頃はすでに大人でしたが(笑)
http://maps.gsi.go.jp/#17/32.714010/130.639415
↑電子国土のサイトで、1974-1978年撮影の航空写真を出してみましたが橋の位置は間違いないようです。

検索の邪魔でもなんでもありません!興味深く拝見いたしました。
バス停にその名残があったとは意外な発見でした!

実は先日の日曜日にここを通って旧平木橋のことを思い出していたのでした(笑)...
Posted by 田舎者 at 2015年02月17日 03:35
お返事ありがとうございます。
25年前は高校生だったちょんびんです。
つい最近(笑)まで残っていたんですね。

橋の位置は、間違いないと思います。
いま平木橋バス停がある宇土側の旧道を、
川に向かってまっすぐ川口側に伸ばすと、
ちょうどそこに平木橋際のバス停があります。
こんなにぴったりの予定調和は珍しいくらいです。

>先日の日曜日にここを通って
おー、通られたんですね。
では、現在の状況もご存じなわけですね。
広くなったであろう道、私も近日中に行きたいと思います。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年02月17日 16:33
ちょんぴん様

こんばんは

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/112/1500/11205201500004a.html
↑ちょっとさらに調べてみましたが、ここに国会の議事録のようなものがあって、平木橋の件が触れられていました。
昭和63年のもので、新しい橋を「六十四年(=平成元年)秋には供用を図りたい云々...」のくだりがありますので、その前後に取り壊されたのでしょうね。
なので25年前後で正解しょう...
新しい道、実はまだ完成していないようで、緑川側を拡幅しているようではありましたが、まだ(一段低い)砂利道のようになっていました。
道路拡幅と同時に防波堤でも作るのかもしれませんね。
Posted by 田舎者 at 2015年02月17日 23:08
議事録拝見しました。
架け替えの真っ最中に、旧橋が水害で流されたとは、
タイミングの悪いこと、この上なしですね。

大学生になったのが平成3年で、
原付を得て機動力は格段に上がったのですが、
もう少し早く行けていれば、という場所は多いです。
まあこの趣味、常に先に生まれた人を羨む側面はあって、
キリがないのですが。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年02月19日 19:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。