地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年03月09日

川口二丁


バスを撮る際において、前面と側面の比率はどのくらいがベストなのか、
まだ答えの見つからない私。
じゃあ真正面と真横から撮ればよいのではなかろうか、というのも一案。



熊本市の、けっこう郊外、「川口二丁」。
そのわりに、充実した本数、と感じます。
地形的には、まさしく河口、川口です。



バスの往来。



待合。



休憩所。



何が、というものはありませんが、何か、あります。
それは郷愁であったり懐古であったり、
基本的には心の中だけで完結する、多少病んだ感情を含みます。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
バスの駐車場にしては広いですね!夜間はバスを停めて帰るのですか
Posted by たかはた at 2014年03月09日 13:38
全部は写っていませんが、自家用車が5台くらい停まっています。
これが運転士さんの出勤用だとすれば、
5、6台はここで泊まりの車両があるのではないかと思います。
そういう運用に詳しくなくて、すいません。
Posted by ちょんぴんちょんぴん at 2014年03月10日 14:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。