地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年04月25日

呼子


「呼子」のバスターミナル



補助金の関係か、加部島や波戸岬への路線が分断され、
唐津市街からのバスは、ここ呼子までとなって、乗り換えが必要になり、
交通拠点としての重要性は上がったような気がします。
運賃が通しでなくなり、利便性は確実に下がってますが。



入口。



もう開くことのない、乗車券販売の窓口。隣の観光案内窓口は健在です。



時刻表。



ターンテーブル。



海。



バスの進入路。



観光地の街並み。



唐津市街へ向かうバス。



湊経由と岩野経由は、出発して曲がる方向からして違うのですが、
どちらもiaoと母音が共通のため、音が割れるバスの外マイクでは、
どっちの経由なのかさっぱりわかりません。
それで支障が出ないのは、みな市街中心までの利用だからでしょうか。



呼子までやってきたバスが、



そのまま旧フェリーポートへ向かうバスになるのですが、
通しで乗れないってのは、面倒です。
でも乗り通す客が、数えるほどしかいないのも現実なのかと。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。