地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年06月01日

阿翁浦昭和完乗感情


昭和バスが走るようになった



阿翁浦」。

松浦市営バスから移行された時点で、
私は昭和バス路線の殆んどに乗車経験があって、
伊都九大構内の末端部分だけを残していました。

けれども、総合グラウンドで完乗ってのも味気ないのか、
いやいや偉大さは雲泥の差があるとはいえ、
宮脇俊三氏が国鉄完乗を間藤で達成されたのにも似て、
素晴らしいのではないかなど考えていたのですが(笑)、
素敵な終着点が新しく未乗区間として生まれましたので、
こちらを選択させていただきました。



市営バス時代とは、阿翁から阿翁浦へのルートが変わり、
この海沿いもバスが走るようになりました。



やはり私は、停泊する船の脇を走るバスが、とりわけ好きなようです。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

この記事へのコメント
10月から、九大伊都線、延伸しましたね
Posted by 九大 at 2014年10月02日 20:04
ですねー。
こういう延伸による未乗増加は、めでたいのでよいです。

すぐに乗りに行くべきか、ちょっと楽しみを取っておくべきかは、
まだ迷っているところですが(笑)。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2014年10月03日 13:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。