地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年06月24日

大島営業所


斜面と道路の間の狭い場所に、開放的なバスの車庫。



ふだん西鉄・昭和圏内で暮らしている私は、
正面の行先表示が2分割されているのを見ると、遠くに来た気分になります。



太田和港を複乗して樫の浦まで直行する便や、
東山・浅間町を複乗して崎戸本郷に行くものなど、多彩な系統。



そんな中、ホテル咲き都までの乗車便がコレだったのは、
個人的にハズレ気分。



「大島営業所前」のバス停は、営業所の向かい側、橋の向こうが第二桟橋。



第二桟橋を経由したりしなかったり、
通勤時間帯には隣の馬込桟橋までの系統があったり、
本数もそこそこながら、さらに複雑な運用の印象です。
今回の乗車中も、運転士さんが経路を間違える場面に出会いました(笑)。

第一回西海大島訪問記は、以上で終わりとなります。







同じカテゴリー(さいかい交通)の記事画像
黒瀬農協前
第二桟橋
大島営業所2015
製塩所前
蠣ノ浦
福浦
同じカテゴリー(さいかい交通)の記事
 黒瀬農協前 (2016-02-07 17:17)
 第二桟橋 (2016-02-06 17:17)
 大島営業所2015 (2016-02-05 16:19)
 製塩所前 (2016-02-04 17:17)
 蠣ノ浦 (2016-02-03 17:17)
 福浦 (2016-02-02 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。