地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年06月09日

真崎駅De・愛前


真崎駅。上山田と豊前川崎の間、通過したことはありますが、何の印象も残っていません。
廃止間際の国鉄ローカル線は、今のバス路線と違って、休日ダイヤがありませんでしたし、
室木宮田香月漆生上山田添田と、一通りの廃止路線に乗ることはできたのですが、
漆生才田上山田豊前川崎間は日中の運行がなく、
明るい時間帯に乗れなくて、楽しくなかった記憶があります。

ただ、当時から福岡近郊区間に含まれていましたので、
大回りをすれば金銭的負担は非常に少なく、貧乏な小学生の財布に優しい趣味でありました。
当時は並行して走るバスの方が活況を呈していて、
列車の存続を阻害する悪者のような扱いを受けていたこともありましたが、
バスすらも維持できなくなっている現状を見ると、当時は恵まれていたのだと思います。



川崎町の、ふれあいバスのりば「真崎駅De・愛前」。
保存されているのか復元されたのか定かではない設備の隅に、
目立たないように貼られたバス停。



De愛(であい)というのは、川崎町の農産物直売所でして、
4月よりレストラン穀×極(こく・こく)もオープンしています。
私とは相容れないネーミングセンスです。
どんなに意味が深くても瀟洒でも、読みにくい書きにくい名前は嫌いです。



廃線跡。一面の蓮華草。



こいのぼり。撮影は5/4。



ということでこれは?川渡り神幸祭の幟神輿?



南の交差点は、工事中。



風景、変わりそうです。

ということで、旧西鉄バスエリアに足を踏み入れてはいるのですが、
いかんせん西鉄バス関連の記事になる気配がありません(笑)。



同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
宮若の谷
倉久春日神社循環
宮田の橋
磯光=水町間の狭隘路往復
水町バス停 国鉄宮田線廃止代替
コンビニから河川敷
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 宮若の谷 (2017-06-26 16:16)
 倉久春日神社循環 (2017-06-25 16:16)
 宮田の橋 (2017-06-24 16:16)
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 水町バス停 国鉄宮田線廃止代替 (2017-06-21 16:16)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。