地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年07月25日

佐伯駅


津久見から、贅沢な特急の乗り方をして、



「佐伯駅」。



駐車場が、安いです(笑)。こちらは上浦方面。
細い歩道に沿うようにベンチ。



「佐伯駅前」。



葛港行きと、蒲戸行き。間元まで行かなくなったのは、つい最近。



向かい側。



各方面に向かう方は、立派な屋根。行き先の表示も多彩。



路線図。



時刻表。小野市までしか行かなくなったことが惜しまれます。



蒲江行きの2系統、最終は同時刻の発車。



空港までのリムジンバスのりばも。



早朝から6便。



経由地を見ても、いまひとつピンときません。土地勘が薄いので。



ベンチ。



街並み。



ここから行った場所は、明日以降に載せるとして、



宵闇。



「さいき」だということはわかっていますが、
漢字変換するときはだいたい、さえきと打っています。



博多へ向かう特急を待つも、駅は静か。



富永一朗氏は、佐伯の出身。



トロピカルで鹿児島に戻るべく、大分まで帰ってきました。
この翌日が、いづろに続きます。



同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
夫婦岩 亀の井バス柚の木近く ユーバスのみのバス停
平原は亀の井バス ユーバスは平原入口
北大津留 由布市ユーバスの発着点
南部小学校前
何度でも大手前
上浦線
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 あてのない佐伯 (2018-05-05 23:58)
 夫婦岩 亀の井バス柚の木近く ユーバスのみのバス停 (2017-03-31 16:16)
 平原は亀の井バス ユーバスは平原入口 (2017-03-30 16:16)
 北大津留 由布市ユーバスの発着点 (2017-03-29 16:16)
 南部小学校前 (2016-03-25 07:07)
 何度でも大手前 (2015-05-12 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)大分バス
この記事へのコメント
5/25(金) 最終日、博多BTから朝一「SNSとよのくに」で大分のトキハを目指します。今日の行程は天神~佐伯~大分空港で、佐伯地区の未乗区間を少しと大分駅周辺を訪問の予定。偶然ですがGWの頃管理人さんも佐伯周辺をウロウロされていた様子。まず天神から朝いち「SNSとよのくに」でトキハ、トキハからは佐伯行き急行バスで国道10号を一気に南下。大手前のTMは場所を移し新しくなったけど前の建物が風情満点だっただけに残念、次は重岡駅行きのリエッセへ乗り換えます。ローカル便ですが大手前を出る時には立客も出る盛況ぶり、コスモタウンで大量下車と思ったら次の西田病院から大量乗車で再び満席に。皆運転手さんとは顔なじみで賑やかに走ります。ただ直川あたりから黒と黄色の斑の蝶が大量に飛び交い気持ち悪い。終点の重岡まで乗車したのは3人、ここでも蝶が大量発生している。運転手さんから「いつも今の時期出るんだよ、一週間経つときれいにいなくなる。人に害はないけど確かに多いよね。」人を襲うことは無いようだがヒッチコックの「鳥」を思い出させるぐらい大量の蝶がいる。そんな中運転手さんから重岡駅について「隣の宗太郎駅が秘境駅で有名、ここは列車の交換するところ。」というお話しをいただく。ちょうど貨物列車が大きな音をたてて入線、止まるとシンとした静寂が戻りしばらくして宮崎からの「にちりん」が通過して行った。東京から来たというとびっくりされて「持って行きなよ」とゆでたまごを5つもいただいた。これが大きな卵でゆで加減もちょうどよく三重町へのバスの中で立て続けに三つも食べてしまいました。すごくおいしかった、運転手さんありがとうございました全部おいしくいただきました。重岡からは三重町行きの大野竹田バス、宇目から三重町の区間は前回と同じルートで内山観音手前の狭隘ジェットコースター区間を再び堪能。三重町駅手前の「ロータリー」で下車し臼津交通の臼杵行きに乗替えます。もともと国鉄バスの運行路線で狭隘度の高い道が多かったそうですが今は整備されたバイパス道を行きます。尾原入口から集落に入る旧道が唯一当時の面影を残す狭隘部分の感じです。国道10号と合流して板屋で下車。ここで佐伯発大分行きに乗換えですが乗継ぎ時間14分と思い込みAコープで買物をしていたらなんと接続は4分、見事に乗り損ね次のバスは一時間半後。腹を決めてAコープでお土産をじっくり買い込みました。(地元貢献)それでも時間が余って余って・・・。一時間半もロスしたおかげで予定していた大分での「5号地大交車庫往復」と「曲経由滝尾循環」は次回のお楽しみとなりました。トキハで降り荷揚町から高速道経由のエアライナーに乗ると大分駅前からスーツ姿のサラリーマンの大量乗車で一気に満員に。大交の係員さんも乗車整理が大変そう、結局次の便への積み残しが多数。大分空港は高速経由でも一時間超かかり地図を見たら60km以上ある、道が迂回していることもあるがここは遠すぎます。昔海を渡るホバークラフトもあったというのも頷けます。大分空港から最終便で無事羽田に帰京。今回も楽しませていただきました。毎回長文になり申し訳ございませんでした、まだまだ乗りたい路線ばかりで今年はもう一度秋に九州に伺う予定です。6/30天草・長崎の潜伏キリシタン関連遺産が世界文化遺産への登録が決まりました、天草もまた行きたいなぁ。
Posted by せいやま at 2018年07月03日 20:07
キリシタン関連遺産の登録決定直後、
今月14日より上五島に行ってまいりますので、頭ヶ島が楽しみです。

GWに重岡駅で1時間ほど待ちましたが、蝶はまったくおらず、
季節ごとで風景は変わるのだから、
一度行っただけで満足してはだめだなぁ、
と考える次第です。

野津あたりも道が広くなって、雰囲気は変わってます。
でも訪問したその時がかけがえのない瞬間なんだ
と思うべきなんでしょうかね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年07月06日 10:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。