地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年08月18日

福岡オープントップバス街なか風景


福岡オープントップバス、博多街なかコースの赤い車。
それを「FOTB街なか」と略しても、きっと誰にもわかってもらえますまい。



派手なおしり。



市役所前が起終点。



ほかの場所でも乗降できることになっていますが、
日祝はけっこう予約でいっぱいのようなので、
ここから1周するのが無難な選択かと思われます。



ということで、はじめて乗りこみまして、



まずは博多駅。なかなかの眺め。
普通の方は、側面は枠に守られていて窓越しに景色を楽しみ、
上を向くと開放的な眺望、という構造を想定されているのでしょうが



【悲報】ちょんびん座高1メートル強、目の高さに窓枠。



信号近っ!!



櫛田神社は、山笠の片づけ最中。乗車は7/20



けやき通り、街路樹がつかめます。(つかまないでください)。



西鉄電車の高架下をくぐるのも、なかなか。



ということで、1周たのしゅうございました。一度は乗って損はないです。
また次乗るかと問われると、ひとりで再乗車することはなさそうですが。
誰か県外の友人が遊びに来る機会を待ちたいと思います。

ちなみに2人で乗車の場合、普通にチケットを2枚買う(1540×2=3080円)よりも、
福岡体験バスチケット(2570円)を購入して、
そのチケットをオープントップバスに交換したほうが、ずっと安く乗れます。
さらに福岡都市圏限定でない一日乗車券もついてきますし。

私は体験チケットより、この筑豊や小石原、大川まで乗れる一日乗車券が欲しいクチなので、
体験バスチケットは800円くらいで金券ショップが買ってくれればいいのに、と思います。
今回オープントップバスに乗ったのも、体験チケットが余ったから、という話でして。



同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
大手門の桜2018
舞鶴城内福岡市美術館東口の桜
渡辺通のバスを撮る
新六本松
雪のあとの都心
福岡国際マラソン迂回の日に
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 大手門の桜2018 (2018-06-18 17:17)
 舞鶴城内福岡市美術館東口の桜 (2018-06-17 17:17)
 渡辺通のバスを撮る (2018-04-25 06:06)
 新六本松 (2018-03-05 21:11)
 雪のあとの都心 (2018-02-21 21:37)
 福岡国際マラソン迂回の日に (2018-01-14 06:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。