地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年09月06日

上熊本駅前


植木から上熊本へ。
七本付近の隘路など、途中経路も見どころたくさんです。



「上熊本駅前」バス停付近、総運行本数は詳しく見ませんでしたが、



熊本都市バスの姿をいちばんよく見ました。



崇城大学のとこに車庫が、というのもあるのでしょうが、



駅前の広場にも。



そこから出発して行くバスも。



乗ってきた新4の反対方向便。やっと見られた産交(笑)。



立派な駅舎は、



路面電車の、



上熊本駅前駅(笑)。



系統がABになって久しいはずですが、
どうも12系統時代に刷り込まれた記憶が強くて。



終点。



車庫の脇を抜けて、中心部へ。



上熊本~辛島は、豊富に、と言えるほどの本数ではないんですよね。



健軍の方は、過剰じゃないの?って感じるのですけれど。



一日乗車券があるので、路面電車も魅力的なのですが、
熊本電鉄の青ガエルがいつまで走るかわからないので、そちらに回りました。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(4)産交バス
この記事へのコメント
こんにちは(^o^)。数年前になりますか…熊交の路面電車と電鉄が相互乗り入れを計画していると報じられていたのを思い出しました。

あれからどうなっているんでしょうかねーf(^_^;
Posted by 暇工作 at 2014年09月07日 17:58
そんな話がありましたね。
藤崎宮で止まっている限り、電車の将来は薄いと思うのですが、
熊本の路面電車がこれ以上発展する気配もないですし。。。
Posted by ちょんびん at 2014年09月10日 21:13
どうせなら車両をデュアルモービル化してしまえば、線路の新規敷設を考えなくていいので、路線のバリエーションが増えて有益かと…
Posted by 暇工作 at 2014年09月12日 00:26
どうでしょ。私はDMVに関して、非常に否定的ですが(笑)。

熊電の平日通勤通学需要を存じないので、
バス代替が可能なのかコメントできませんが、
日中の乗客数を見る限り、鉄道であるメリットが感じられません。

鉄道の役割は、高速大量輸送のはずなんですが、
大量はおろか高速すら並行する道路に負けているようでは、
線路の新規敷設どうこうより、既存の存在意義が取沙汰されてもやむなしです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2014年09月12日 15:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。