地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年09月28日

上天草病院前


右がトンネルもできた、立派な新道。
けれども産交バスの地域密着路線は、頑なに左の旧道を走ります。



合流部はこんな感じで、



刹那新道に合流しますが、すぐに離れてしまいます。



そんな路線でも、大矢野まで40キロを走る通学者用のバスは、
所要時間を短縮する観点か、高校生ならバス停まで多少の徒歩は構わないと考えるのか、
新道経由で運行されます。



朝、学校に向けて走り、



夕方、戻ってくるだけのダイヤです。
当然ながら経由地が旧道経由と違うわけで、
松島や本渡など中心部を拠点として、完乗なんてものを目指せば、
非常にネックになる時刻設定です。
これを解消するためには、山奥の停泊車庫路線をケアするのと同様、
赤崎まで朝イチで車で行き、始発を末端部から始めるのがよいのかと。



「上天草病院前」。



樋島を複乗するバスは、ここが終点となる設定ですが、
特に転回用のスペースが設けられているわけでもなく、



終点を迎えたバスは、この道路上で大きく切り返し、すぐに折り返していきます。



赤崎方面はこんなもん。平日だけ、棚底まで1本行きます。
朝来て病院にかかって昼戻ることも不可能ではなく、
私が倉岳行きを利用した日も、ここから5人の乗客があったので、
ひとりくらい赤崎を過ぎ望薩峠を越える?!と期待しましたが、
みな大道周辺までで降りてしまいました。



樋島経由はここが始発になるので、すこしだけ本数が増えます。



病院の建物には全く興味がありませんが、
こんな写真もいつか懐かしくなるのでしょうか。
それはそれで、また幸せなことなのかも。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。