地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年10月05日

樋島大橋下


ぐりーんの能古島移籍を挟みましたが、基本的には産交バス天草がずっと続きます。



天草上島自体が島ですが、そこから椚島を挟んで、樋島への橋。



橋があると思って向こう岸を眺めるのと、船でしか行けないのとでは、
心の持ちようが何か違うのかもしれません。




道ができれば、それが当たり前になるのは自明のことですが、
そこまでにあった想いを記憶しておくことも、また大事なこと。



ループで高低差を解消して、分かれ道。



宮の下に向かう途中、



ループの下の



小さな空き地にバス停。



「樋島大橋下」。



お客さんが多そうな環境ではありませんが。
橋からの分岐を直進した集落からだと、ここが最寄りです。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
草部北部農協前
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 草部北部農協前 (2019-01-19 17:17)
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)

Posted by ちょんびん at 14:26│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。