地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年10月12日

姫戸港


石積みの脇を走り抜けるバスも、中型だと萌え感の違う私。



港。



待合。



脇にバス停。



「姫戸港」。




まだバスは、たくさんやってくる方で、



この桟橋近くの空き地を使って、
大回りするバスなんてのも見られるバス停なのですが、



失礼ながら、兵どもが夢の跡、という感覚に陥ります。



偉そうなことを言いつつ、ここが繁栄していた時なんてのも知らないわけで、
ただこの建物を見て推測するに、船が重要な交通手段だったのは、
きっと五橋が架かる前、すなわち私が生まれる前だったのかなぁ、と。



それでもやはり、



今でも連絡船が生活の中に組み込まれている度合は、
能古島に観光に行く時くらいしか船に乗らない私とは比べるまでもなく、
その感覚を想像してはみるのですが、やはりピンとこないのでした。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。