地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年07月21日

どこにも行けない月の浦営業所


須玖から「42」で月の浦営業所へ。
「42」は西鉄バス二日市管轄で、福岡市内を走る区間も短く、
行先番号の色も水色の丸ですが、福岡市内と通しの系統番号を持っています。



月の浦の住宅街を抜けて、「用のないヤツは通るな」という看板を越え、
坂道をのぼらないと、月の浦営業所にはたどり着けません。



そして、たどり着いても月の浦営業所しかありません。

北九州の弥生が丘営業所も同じような構造のようです。
神奈川県にある鶴見線というJRの「海芝浦」駅も、
降りて改札を通ると東芝の工場なので、一般人は改札すら通れません。

月の浦営業所が、客扱いをしているのは、基本的には定期販売がメインかと思います。
写真を撮っていても職員の方は無関心でした。
わたしのような阿呆がたまに来るのでしょうか。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
平野ハイツ商店街前
須玖小学校前
春日南中学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)
 平野ハイツ商店街前 (2017-02-05 07:10)
 須玖小学校前 (2017-02-03 22:50)
 春日南中学校前 (2017-01-08 21:33)

Posted by ちょんびん at 12:10│Comments(2)二日市
この記事へのコメント
夜行くと不気味なところですよ、ここは
Posted by かかお at 2011年01月12日 16:45
確かに、暗そうです。行ったことはないですけど。

住宅地が児童公園の上に開発されだしてから行ってませんが、
どのくらい営業所の近くまで民家が迫ったんでしょうか。
それによっては雰囲気も大きく変わりそうです。
Posted by ちょんびん at 2011年01月12日 18:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。