地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年10月13日

上半河内


「上半河内」に行きましょう。

夕方の時間帯、通学利用の高校生の姿もちらほらと見られ、
きっと彼らにとっては、このバスも毎日目にするありふれた存在。
基本日曜日しか休めない勤め人が、車で往復700キロも走って、有給休暇とって、
わざわざ乗りに来ていると知っても、酔狂以外の印象はないに違いないです。



そして、つつがなく到着。
本数が少ないからと言って、途中に妖怪が待ち受けているでもなく、
始発から終着まで私以外だれも乗ることもなく、淡々とバスは走りました。



カドにバス停が立っている三叉路で方向転換するのは、鶴野々と近似。
現在のルートは、別の経由地を通りますが、



このバスが停まっている奥の坂道を登っていくと、



そう遠くない距離に、鶴野々があります。
もとは下田温泉まで路線が繋がっていました。そう遠い昔のことではありません。



待合。



手書き時代の鉄板。



平日、3往復。



帰りもひとり、祇園橋を眺めて、本渡バスセンターに戻りました。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
高尾野入口
波居原鬼渕
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)
 高尾野入口 (2018-12-24 21:30)
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。