地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年10月14日

棚底


リエッセでもこの幅、と思うわけです。
それほど大きさは違わないのですが、狭小を追いかけたい場所のひとつ。



竜ヶ岳からの、平日1本きりの昼便は、残念ながらポンチョでしたが、



松島と本渡を、倉岳を経由して結ぶ長距離路線の中間点、



「棚底」。



地名のわりに、バス停がある位置は高台です。



私が教良木行きを待っていたら、反対側、本渡行きのバスに、乗客。
バス停の立っていないところで、バスを待っている人、素敵です。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(4)産交バス
この記事へのコメント
3/22 1日目は名古屋経由不知火号で熊本交通Cに到着、工事中でプレハブの案内所で「わくわく1dayパス」を購入しまずは松橋産交へ。松橋産交で乗り継ぎの間に翌日からのSUNQパスを購入して三角産交行きに乗り込みます。この路線は管理人さんお薦め路線のひとつで途中には温泉センターや介護施設、三角には病院もあって途中の乗降も多く車内はMAX15名ほどになる高い乗車率、もちろんバスは中型です、嬉しいですね。おだやかな八代海沿いを走りますが松合など古くからある途中の集落はどこも旧道の狭い道でこれはいい路線です。また、大口や手場のバス停はマピオン地図によると共に旧道で管理人さんのブログでも狭隘トンネルがあると記されています。ところが実際には国道からバス停まで複乗という形で国道に戻ります、しかもバス停は「臨時」の表示でしたからひょっとして台風や大雨で通行止めになっているのでしょうか、それとも拡張工事?三角で乗り換えたさんぱーる行きはポンチョ、初めて天草に入ります1号橋は付け替えするのでしょうか隣は橋の工事中。さんぱーるから松島庁舎行に乗り継ぎます。このバスは瀬高・樋合と二か所の複乗区間があり特に瀬高に向かう道はひなびた漁村の超狭隘区間でここもいい路線です。そして二号橋を渡り松島に向かいますが松島での接続はわずか4分、さんぱーるでも8分でしたから接続は非常にいいのですが4分はかなり焦ります。幸い車の流れもよく1分程の遅れで到着し乗り継ぐことが出来ました。ここからの大浦・迫経由本渡行きも管理人さんお薦めの路線ですがこの路線が驚きの連続でした。教良木から先、大迫・浦・棚底・倉岳校と続く狭隘区間は泊ヶ内や高森にも匹敵するようなところもあり、さらに中型車も走っているので断然面白さがあります。管理人さんはお薦め路線もサラリとおっしゃりますが私にとってこの路線は圧巻でした。さらに本渡からはまたまたお薦めの鶴野々行きにも乗りますので初日からわくわく気分が続きます。本渡で待ち時間の間に富岡港行きに乗り途中の手野まで往復、いよいよ鶴野々行きに乗車です。平床の複乗区間を過ぎて鶴あたりから本格的な狭隘山岳路線に入ります。狭隘でヘアピンの連続、すごい路線です。運転士さんから二月には雪が積もって二日間運休したと伺いました。鶴野々から本渡に戻るとまだ4時半、この時間なら管理人さんお薦め路線第四弾、鮎帰り経由教良木行きの乗車も可能でしたが「あまり詰め込み過ぎないこと」も管理人さんのアドバイスですので初日はここまでにします。今日天草島内は三角~さんぱーるのポンチョ以外はすべてリエッセ、中型も乗りたかったな。天草は明日も周ります。
Posted by せいやま at 2016年04月02日 21:24
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1875204.html
不知火=三角は崩落の危険性があり、迂回しているところがあるようです。

まだ中型残ってましたか。
教良木から倉岳校までの間を走っている場面を、
いくつか記録しておきたいのですよ。
もうリエッセがメインですもんね。早くしないと、です。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年04月02日 22:54
大口付近のバス停について早速に明快なご回答ありがとうございました。なるほど道路崩落の危険性があるということなのですね。管理人さんはちゃんと載せていらっしゃいますし迂回の写真まで撮られているのは本当にさすがです。ちょっともやもやしていたですのが一気に晴れました、ありがとうございました。次の機会には狭いトンネル通ってみたいです。
Posted by せいやま at 2016年04月04日 19:58
大型がいつまで走ってくれるでしょうか。
私もまた、トンネルをくぐりに行きたいです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年04月07日 19:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。