地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年11月02日

満願寺入口(志津)


箱庭模型のような、終点の待合とバス。
星和行きの路線は、満願寺入口交差点から先が下水道工事のため、
産交バスはここで折り返し、平日だけワゴン車が接続しているそうです。



そのまま待機するのかなー、と思っていたら、坂を登ってどこかに行ってしまったバス。



「満願寺入口」。



九州横断バスも停車することからわかる通り、いっぱしの観光地です。



福岡から黒川温泉までのバスも、一般の路線バスとは違って、こちらを経由します。



黒川~白川~満願寺と、温泉地をめぐる循環バスも。



ということで、満願寺入口バス停の鉄板は、裏表で仕様が違います。
片面が産交、片面が九州横断バス。この仕様は南小国役場あたりでも同じ。



阿蘇熊本方面行バス停。



満願寺方面。
ここからの眺めだけでは、観光地とはとても思えません。

このバス停には、満願寺方面のバスが停車しないからか、
区間便は志津行き扱いになっていて、余計にややこしくなっています。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。