地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年11月06日

山下


満願寺から小国に戻り、そのまま行き過ぎて杖立方面へ。
なんとなくピンときた場所でバスを降り、後ろ姿を見送ります。



杖立までの区間は、比較的本数が充実している方でしょう。



「山下」。



殆んどリエッセしか走らないので、まあこんなもんかな、と思いますが、
熊本から阿蘇を経由して杖立まで大型が走っていた道だと思えば、
やはり杖立温泉とは秘境だったのでしょうね。
それでもあれだけの温泉街が形成されているのは、よっぽど泉質がよいのです。



こういうところに工場を持って、地元の人たちに働いてもらうって、
けっこう憧れる生活であります。
人の上に立つ気質が完全に欠けていることは、自覚しておりますが。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
高尾野入口
波居原鬼渕
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)
 高尾野入口 (2018-12-24 21:30)
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。