地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年11月08日

阿蘇駅前


阿蘇駅前」。
基本的な設備は、さほど変わっていないと思うので、新しく目についたものを。
通常と違う配色のバス停と、ソーラーパネル。



登山バスの接近を告知しなければいけないのは、
山頂までの道が渋滞したりして、定時に来ないからでしょうか。
この設備、やまびこ号にもあると便利だと思います。



曇り空のわりに、鮮明に見えた阿蘇。



発着するバスには、系統番号ができていまして、
観光客にも優しい、そして易しいバスを目指しています。
杖立や小国で、「7」の表示を見ると、違和感がありますが。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
草部北部農協前
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 草部北部農協前 (2019-01-19 17:17)
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。