地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年11月11日

内牧


長い時間並んでまで食べたいものとか、体験したいこととか、あまり記憶にない私。
たくさんの人が、ひとつの店の前で待っているのは、ある意味尊敬。

阿蘇内牧の「いまきん食堂」、あか牛丼とちゃんぽんが名物の大衆食堂。
人気がいつまで続くかわかりませんが、地域に人が集まるのはよいことです。
お越しの際は、ぜひ阿蘇駅か内牧駅から産交バスでどうぞ(笑)。



そんな賑わいのすぐ横で、壊されていくコアラ



商業施設の記憶も、どこかで薄れていく



週2・3日しか運行しない地域もある中で、
赤水方面が毎日なのは、そこそこ需要があるからでしょうが、
最近まで路線バスが走っていた名残なのかも。



「内牧」。



いまきんで食事を待っている人たちをバスに乗せるには、どうしたらいいでしょうね。
ここ始発の循環バスを設定して、阿蘇神社と役犬原なんかで少し滞在して、
1時間そこそこで戻ってきたらちょうどご飯の順番、てな仕組みができませんかね。

食堂の前の本屋や土産物屋は、待ち時間を消費したい人が立ち寄ってますので、
阿蘇循環エリアだけ500円で乗れるバス、なんてのに誰か惹かれないかなぁ(笑)。

本来、バスというものは、移動需要があってそこに存在するはずなのに、
存続させたいがために需要喚起の方策を考えなければならない時点で、
すでに本末転倒に陥っているのは自覚した上で述べております。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。