地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年11月15日

杖立温泉


温泉地のケムリ、川に突き出た待機場で、出発を待つ産交バス。



黒川温泉行きの日田バス。
温泉街の狭い道を大型が走るのも、もう見慣れてしまった感じ。



西鉄のスマルー塗装がここを走っていることには、まだ反応するのに。



杖立」。



無料の駐車場があって、



足湯もあります。伝統ある温泉地、湯質は間違いないです。トロトロツヤツヤ。



で、夕暮れ時には、ついでにバスも眺めてください(笑)。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

この記事へのコメント
5/24(木) 今日は熊本から博多まで阿蘇~日田~北九州経由で行く行程。まずは「やまびこ号」に始発の熊本駅から乗るため6:26発の都市バスで交通Cを出発。幸い熊本駅降りたところが「やまびこ」の出発場所でしたが熊本駅前のバス停配置は全くわかりません。駅前からは3名の乗車、交通C・通町筋と乗客を拾いながらまずは空港を目指しますが、市内は早朝にもかかわらず相変わらずの渋滞で20分遅れて空港に到着。4~5人の入替えがあり次の大津駅南口からは大量12名の乗車。スーツを着たサラリーマンの方も多く、JR不通の影響でしょうがやまびこの乗車率はいいですね。ミルクロードを順調に走り阿蘇駅前には約30分遅れで到着。「もし定時に走ってくれたら。」と淡い期待を込めていた9:10発の杖立行きには間に合わず次の10:18発のリエッセに乗車。つい最近まで黄川経由という素晴らしい狭隘路を走るコースもあったようで、廃止後は整備された国道をまっすぐ走るだけかと思っていましたが途中大観峰付近からのパノラマ、内牧や南小国、小国といった大きな集落では狭隘な旧道へ入り、右へ左へと曲がりながら町中を抜けて行き意外と楽しい路線でした。1時間20分かけて杖立温泉に到着、ひなびたという言葉がぴったりの温泉地。日田バスの日田BC行きがすぐに接続、リエッセから大型に乗り換えます。ちょうど黒川温泉行き高速バスも到着、でも降りる人いなかった、みな黒川か…。杖立温泉~日田は川沿いを走りダム湖の脇を通り抜ける山間の区間、日田盆地の底に向かって快走。阿蘇で一本遅れたため日田~小山小学校の往復は次回へ持越し。BCから「ひた号」で基山へ、基山から砂津行きの「出島号」に乗り換えます。出島は初めて乗る2+1シートで年数は古いものの足元も座席も広く豪華なバスです。今回九州道を直進してみたかったので「出島号」を選択しましたがこれも正解。引野口で降りすぐに来た(53)で黒崎BCへ向かいます。次は洞海湾の対岸を北九州市営バスで抜ける予定ですが乗り継ぎが微妙で最後まで思案した部分。ところがこの日は若松ボートの開催日、黒崎からも西鉄の無料バスが出ており目の前に止まっている。地図を見るとレース場は奥洞海駅から徒歩とある。「これは近くにバス停有り!」と確信して迷わず無料バスに乗り込みます。若松ボートの降車場はだだっ広い駐車場の中、するとカンカンと踏切音が聞こえるではありませんか。音の方向に歩くとJRの踏切、渡るとすぐに国道で予想通り「西天神」という停留所がありました、嬉しくて小躍りしてしまう。待つこと10分戸畑駅行きが到着、このバスは若戸大橋を渡るのですが私は大橋通りで降り若松渡場へ、歩くと結構ある。若戸航路の3分間の船旅を満喫して戸畑渡場から八幡製鉄総合センターまで歩くと会社帰りの人がたくさん待っている。(70)に乗り魚町で下車、平和通りからは「博多駅行なかたに号」で博多に着いて本日終了。予定では砂津から昭和池入口行急行バスで日豊NTへ行き、朽網駅から行橋とつなぎ高速行橋~天神線で博多に戻るスケジュールでしたが「詰め込み過ぎはいけない」と自重、早めに博多に戻りました、本日は博多泊。
Posted by せいやま at 2018年06月21日 16:17
やまびこ号は、乗客多いようですが、
災害が原因ですので、素直に喜べないのが残念です。

黄川経由、よかったですよ。
最末期はリエッセになってしまいまして、
中型が走っていた頃に撮影しなかったことを悔やみました。

熊本から阿蘇回りで日田基山北九、
そして若戸渡船をケアしてから福岡。
私が申し上げるのもなんですが、バスお好きですねw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年06月21日 19:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。