地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年12月22日

のこ渡船場(愛宕浜営業所)

のこ渡船場(愛宕浜営業所)
年末のこの時期に、産交の話題から福岡に戻ってきました。
かといって、まだ小国とか産交メインが続くことは間違いないのですが。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
台風接近により、小呂島航路が欠航になるくらいの海の荒れようなのに、
仕事終わりに夕方から能古島へ。
英語表記にて、運航予定をscheduleと訳すのは、きっと間違い。

運航予定は、運航する予定である、という状態を表す場合と、
運航する時間などを決めた予定という名詞と、両方の意味がありますから。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
売店。けっこう、面白いものも売ってます。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
このブログの性質上、バス停を載せなければなりますまい(笑)。
と、義務感から撮っているような文章にしてますが、実際は嬉々としてバスを追っています。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
コスモスのシーズン、船はピストン輸送されるような繁忙期。
街に帰るバスを待つ人たちが、営業所にたくさん。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
「のこ渡船場」。能古は何故か平仮名。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
船の待合に戻る。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
時刻表。
アイランドパークの花が見頃のときは、臨時便もいっぱい走ります。


のこ渡船場(愛宕浜営業所)
まったく割引されないけど、往復乗船券を買いました。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
正月のバス
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。