地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年08月11日

西入部 折返場跡

西入部
今はもうバスの来ることがない、西鉄バス西入部バス停跡です。
西入部公民館と消防団の車庫になっていますが、
折返場の跡に建ったのではなく、もともと公民館前のスペースが折返場でした。


西入部
橋の向こう側には以前、昭和バスの西入部バス停もありました。



金武営業所への「19」「201」、西入部五丁目も徒歩圏内です。
とはいえ、都心へ出るなら東入部まで歩くほうが効率がよさそうですが。



バス停時代の名残?でしょうか、東入部側にはベンチが残っています。

早良営業所と金武営業所をつなぐ路線とか、
旧昭和バスの路線とか復活しないかなぁ、と期待。





同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
正月のバス
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)

Posted by ちょんびん at 13:00│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
本日行ってまいりました♪というのは実は20日のリベンジも兼ねているわけなんですが。。というのも羽根戸経由の1番金武営行きで終点に着くと。。最終バスはもうなし、、というわけでここを通って東入部まで走っていったわけでありこのときはもう夜中ということで本日東入部からこの場所を経由し西入部5丁目までわずか12分で歩いてきました。

それにしても昔の地図には西入部から内野のあたりに路線がありましたが昭和バスの路線だったのですか?それにしても西山、乙石と廃止になった支線もあり廃止が実行されれば吉武などのバス停もなくなってしまいそうでこのあたりも空白になってしまいそうですね。。

福岡市には新宮町のマリンクスなどのコミバスを設定する気はないのでしょうかね~?
Posted by ちくしの疾風 at 2010年11月23日 20:24
四箇から室見川の西岸を通って内野に抜けるのは、昭和バスの路線です。
昔は博多から佐賀まで走ってたらしいです。
私が小学生のころは、湖畔荘~三瀬車庫を一周して、
松尾から古湯温泉まで行ってました。
野河内までの路線が廃止になったのは、平成17年くらいだったでしょうか、
そんなに昔というほどでなく、どっちかというとつい最近で。

福岡市くらい規模が大きくなると、
コミバス走らせるにも、各地域の平等性確保を考え出すと、
どこを走らせてどこは切り捨てるか収拾がつかなさそうで、
望み薄なんじゃないかなぁ、と個人的にはあまり期待していません。
その中でどっか走らせることになれば、それは凄いことなんですけどね。
Posted by ちょんびん at 2010年11月24日 18:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。