地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年08月09日

桜ヶ丘第五 置いてきぼりの終着点


夕暮れの桜ヶ丘第五。
営業所が近く、折返しダイヤが無いのはさわら台団地のようです。
天神方面は午前中のみ。桜ヶ丘第五到着は夕方のみの設定のため、
バスで訪問してもバスで帰れません。



住宅街端の入口から細道を抜けると、何も無い空き地があるだけです。



折返場の端に、福祉バスのバス停がありました。
向こうには志免の街が望めます。



バス料金を間違って表示していたため、値下げするお知らせです。
こんなこともあるんですね。



桜ヶ丘第五から徒歩で下ります。集会場前バス停を通過し、
ひばりヶ丘団地方面への道が合流してくると、



桜ヶ丘第四までは確かに徒歩圏内なので、
あまりたくさんのバスが第五まで登る必要はないのかもしれません。



でも、桜ヶ丘第四で降りて、夜に女性がひとりで階段を上がっていくのは怖そうです。
もうすこし本数が充実することを期待します。





同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
米一丸 主君一条殿の横恋慕
大和町 やまとちょうではなくやまとまち
坂本町から歩いて南下
月見町 時を止めて
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 米一丸 主君一条殿の横恋慕 (2017-05-11 06:06)
 大和町 やまとちょうではなくやまとまち (2017-05-10 06:06)
 坂本町から歩いて南下 (2017-05-09 06:06)
 月見町 時を止めて (2017-05-08 20:11)

Posted by ちょんびん at 18:36│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。