地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年02月12日

壇の浦


関門橋と灯台とバス。
SUNQパスもサンデン交通乗り放題とはいえ、あちらは北部版でも8000円。
ちと値が張る分、心して使わなければならないような気がします。
その点、今回発売となった休日の一日乗車券は、1000円と格安なので、
どこに行くのかも決めずとも、損することは考えられないので気楽です。

まずは唐戸でやってきた浜浦台団地複乗バスに乗って、
関門橋とバスを撮りたくなって、「壇の浦」で下車。



船溜りの向こうに、走り抜けるバスが見える眺め。



「壇の浦」。
ここサンデンを皮切りに、東へ行っても行っても中国地方はこの仕様のバス停が続き、
私のようなビギナーはその単調が面白くないと感じるわけですが、
社局の壁を越えて岡山鳥取までこの仕様を販売した会社の営業力は、
褒められてよいものだと思われます。山口県の会社です



バスに乗って対向を眺めていると、ひっきりなしにバスが来る印象なのですが、
バス停で写真を撮ろうとしてバスを待つと、寒いこともあって、
ほんの5分ほどの待ち時間が退屈で苦痛なものに感じられます。

1日数本しか走らないようなローカルバスを追いかけている身としては、
このバス停の本数なんて夢のような賑わいなわけですが、
ただ下関界隈に行きたくてここに来ると、バスって乗りたいときには来ないよな、
てな不満を抱く気持ちもわからないでもないです。



で、乗る気がないときに限って、青海島行きの準急なんてのが、
さも普通に走り抜けていったりします。1日7往復しかないのに。



ちなみに壇の浦は準急の停車地ではないので、青海島大泊行きは乗れません。



郊外方面バス停後ろ、山側のマンションは、海側のマンション建設反対。
そりゃあ確かに、このマンションからの関門景観は大きく損なわれるでしょうけどさ(ry




同じカテゴリー(サンデン交通)の記事画像
豊田町西市
美祢駅
秋吉
秋吉台
秋芳洞(あきよしどう)
御裳川(みもすそがわ)
同じカテゴリー(サンデン交通)の記事
 サンデン秋芳洞惜別 (2018-09-09 21:21)
 豊田町西市 (2015-02-20 17:17)
 美祢駅 (2015-02-18 18:18)
 秋吉 (2015-02-16 17:17)
 秋吉台 (2015-02-15 19:19)
 秋芳洞(あきよしどう) (2015-02-14 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。