地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年02月20日

豊田町西市


江原から美祢駅までタクシーで戻って、このバスを見る。



すでにテンションが狂った私、素直にサンデンで下関に帰らず、
現金を手出しして、夕暮れの西市へ。



車庫に着いたら、入れ替わりで下関行きの各停が出庫。
バス停は数十メートル先なので乗れず、ある意味イヤミのような接続。
車庫内から乗れれば接続できるだけに、クレーム言う人もいそうな状態。
手を振りながら走れば、きっと待っててくれるんでしょうけどね。
私は、対向に1日数本しかない御注連行きが停まってるのを撮る方が優先で、
最終バスでもない限り、まず走ろうという気も起きないわけですが。



のんびりと、バスが走り去った後のバス停へ。



これだけの本数があればこそ、鷹揚に構えられるのです。



下関ボートの無料バスは、1月で廃止になりました。
グリーンチャンネルを見ながらIPATで馬券を買えるのに慣れると、
小倉競馬場まで行く回数も減りますので、
地方公営ギャンブルのリアルな集客が苦戦するのは、仕方ないことかも。



サンデン交通の自社広告ベンチ。



向かい、丸和の跡、脇に青海島方面のバス停。



「豊田町西市」。すっかり陽も落ちて、



御注連が4本、一の俣が1本、俵山温泉が1本。



ブルーライン交通のバス停、こちら側は車庫が先にあるので、どうしようもありません。
下関方面も、きっと乗り換える人なんて少数派なんですかね。バス停が離れてるのは。


月、新しくなった丸和は、新道側に移転。



次のバスまで時間があるので、車庫に戻って、バイパス経由美祢駅。



これがブルーライン交通のバス停。
ほぼ暗闇の中を、ISO3200で手持ちで撮ると、ピントが合いません。



美祢駅と、滝部駅と、角島まで直行するものも。
一日乗車券ができたとはいえ、サンデンばっかり乗るのもミーハー過ぎん?
と26日は熊本に行こうとしている私ですが、
ブルーラインや防長も乗れるキップが出たら、きっと生活が山口に染まります。

このブログが多数の西鉄バス停を掲載できているのは、
2009年の定額給付金を契機に、ホリデーアクトパスが発売されたからですし、
西鉄から産交バスへモードシフトが起こったのは、わくわく1dayパスの存在が大きいですし、
もともと無かった需要を創出する試みは、ぜひ行ってほしいものです。

各地で同様の取り組みがなされると、マニアの数は限られているので、
そこは牌の奪い合いになるのでしょうが、もともと対象とすべきは地元の方であって、
西鉄にしても産交にしても、私のような使い方をする莫迦のために、
定額乗り放題チケットを発売しているわけではないでしょうから。



西市から大野経由で小月駅。
バスは入庫のため、そのまま営業所行きになりました。
ぱっと見、ぜんぶ小月かと思いきや、ひとつダミーあり。



そして唐戸へ。3月22日まで休みの予定が一杯なので、
3月中にまたサンデン、というのが当面の目標です。




同じカテゴリー(サンデン交通)の記事画像
美祢駅
秋吉
秋吉台
秋芳洞(あきよしどう)
御裳川(みもすそがわ)
壇の浦
同じカテゴリー(サンデン交通)の記事
 サンデン秋芳洞惜別 (2018-09-09 21:21)
 美祢駅 (2015-02-18 18:18)
 秋吉 (2015-02-16 17:17)
 秋吉台 (2015-02-15 19:19)
 秋芳洞(あきよしどう) (2015-02-14 19:19)
 御裳川(みもすそがわ) (2015-02-13 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。