地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年08月23日

佐谷折返場


民家の軒先を間借りしているような「佐谷」バス停。
粕屋ローカル「5」の終着点なのですが、地味です。





折返場はすこし南、宇美町側にあり、佐谷バス停から見えないのも、
途中バス停のような雰囲気を出している原因です。
もともと「5」が来る前は、「36」に新原経由と佐谷経由があったように記憶していますので、
実際に途中バス停だったわけですが。



「古の添」から「上の原」が免許維持路線になってしまったのは、
「佐谷」が須恵町、「柳原」「黒穂」が宇美町で、人の流れがそれぞれの町に向かっているためと思われます。
週1本の宇美営業所行きは、折返場が始発点になります。



佐谷集落の入口には水害復興の記念碑があります。



仲原水辺公園も徒歩圏内です。





老人ホーム前から「5」に乗って福岡市内に戻ります。
二日市宇美支社所属なので、方向幕がまだ健在です。


同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
呑山観音寺 秋の紅葉
東新町 米山町
米一丸 主君一条殿の横恋慕
大和町 やまとちょうではなくやまとまち
坂本町から歩いて南下
月見町 時を止めて
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)
 東新町 米山町 (2017-05-12 06:06)
 米一丸 主君一条殿の横恋慕 (2017-05-11 06:06)
 大和町 やまとちょうではなくやまとまち (2017-05-10 06:06)
 坂本町から歩いて南下 (2017-05-09 06:06)
 月見町 時を止めて (2017-05-08 20:11)

Posted by ちょんびん at 15:10│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。