地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年08月29日

東光小学校前 「38」に乗る


「東光小学校前」バス停、空港方向。
地下鉄の東比恵から徒歩2分くらい。博多駅からも徒歩圏内で、東福岡高校の最寄バス停ですが、
バスは「38」が平日朝1本だけやってくるのみです。



空港と百年橋通り、国道3号線が近いので、流通を中心としたビジネス街が拡がっていますが、
博多や空港までなら地下鉄で足り、道路も広いので、バスの出番は少ないのかも。



こちらは博多方面。平日夕方1日1本。

ローマ字表記は、意味表記なのか音表記なのか、
たとえば西油山ハイツの場合「HEIGHTS」なのか「HAITSU」なのか、
○○駅前の場合「STATION」なのか「EKIMAE]なのか統一がない西鉄バス。
どちらかというと音重視なのですが、東光小学校は意味表記でしかも間違ってます。



ローマ字表記といえば、藤崎バスターミナルにて。
「2」の「特快・金武営業所」行きは、ローマ字表記では「KANATAKE」のみ。
「RAPID」とか「EXPRESS」でいいから書いておかないと、通過バス停があることがわかりませんが。



と、それはさておき、「38」に乗車。
東比恵一丁目で2人の降車客がありました。どのような利用なのでしょう?
毎日定時に「38」を利用する人?
ふだんは「37」「39」に乗車して博多で乗り換える人が、「38」のときだけ東比恵?
でも地下鉄利用なら福岡空港で降りればいいですし、「41」にでも乗り換えるのでしょうか?謎。



夕暮れの「東光町」で下車。
「43」以外の「38」「41」も「堅粕」に行くと誤解されそうな路線図。
利用は少ないでしょうが、バスを利用してもらおうという気合の欠けた地域です。




同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
多々良小学校の川沿いに
みどりが丘団地入口 名子
津屋本町 多の津五丁目
呑山観音沿道
福岡空港国際線ターミナル
呑山観音寺 秋の紅葉
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 多々良小学校の川沿いに (2017-06-26 06:06)
 みどりが丘団地入口 名子 (2017-06-21 06:06)
 津屋本町 多の津五丁目 (2017-06-10 06:06)
 呑山観音沿道 (2017-06-08 06:06)
 福岡空港国際線ターミナル (2017-06-04 06:06)
 呑山観音寺 秋の紅葉 (2017-05-13 06:06)

Posted by ちょんびん at 18:23│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。