地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年02月21日

星の原団地

星の原団地
今年は、西鉄バスをたくさんブログに載せようと決意しています。
せっかくほぼ西鉄を標榜しているのだから、自分にとっては当たり前でも、
何気ない風景を撮っておくことで、ひとつくらい価値のあるものが生まれるかも、
というのもありますし、実際、地元でない人にとっては、
意外に興味を持ってもらえるのかもしれない、という期待もあります。

私のバス乗りの原点は、「11」の長住六丁目か、原~弥生二丁目のバス通園ですが、
もうすこし大きくなって、小学校低学年では、原~修猷館前の通院か、ここ「星の原団地」。
あと古湯温泉とか、平戸口とか、原上とか、考えると思い出はたくさんあります。


星の原団地
団地があって、バス専用のロータリーがあって、中型が来て、


星の原団地
最初の写真を見ていただければわかる通り、日曜の日中に、
始発のバスを待つ人がたくさんいて、バスが乗車扱いをしている間も、
バスに乗ろうと周囲から駆けて来る人がいたりして。


星の原団地
だからこそいまだに、


星の原団地
こうやって1時間に2本以上のバスが確保されているわけで、


星の原団地
団地の脇を走り抜けていくバスや、


星の原団地
あんまり西鉄が走りそうにない道幅の交差点を疾走するバスが撮れます。
でも全部SL塗装になってますね。これは時の流れ。
あの日飛び込んだプールで、服のまんま泳いだ夏は覚えていませんが、


星の原団地

ここにたくさんの小学生が集っていたことは覚えております。校区外の有吉商店。


星の原団地
そうか、ここは干隈なんですね。干隈バス停からはけっこう遠いですが。


星の原団地
この地図が、バス停があった時代の名残、とならないことを祈ります。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
正月のバス
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。