地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年02月27日

さわら台団地


ロータリーを回るバス。
けっこう高低差もあって、クラッチ操作が面倒くさそうなところ。



ほいて、折り返し出発。



カーブを曲がって、街へ向かいます。



早良営業所から急坂を登りますが、距離的には僅かで、
へーこんなに高低差があるんだ、という感じの眺め。
福岡タワーとかドームとか、あといろいろ見えます。



「さわら台団地」。



けっこう、早良営業所からの区間便もあって、本数は充実しているほう。
地元の方によれば、「西鉄幹部OBが何人も住んでるもんね」ということでした。
杷木の高速バスの充実っぷりに関しても、そんなこと聞いたことがあります。
真実は特に追究するつもりもありません、バスが来るところはみな等しく尊いのです(笑)。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
5/22(火)今回は新幹線で福岡入り。まずは福岡市内一日フリー”を購入し2番で (200)さわら台団地行きを待つ。上の路線図には”さわら台団地”も載っている、「よしここでOK」足元は”明治通り”の表記、しかし時間になっても(200)は現れずきょろきょろしていると隣に到着しているではないか。急ぎ人をかき分け乗車、経路も乗り場も確認したつもりだけど(200)は2番ではなく4番なのですね。路線と同様乗り場も複雑でスタートから焦る。
快速の(200)は順調に走り、早良営業所から坂を登りきった終点さわら台団地に到着。すぐに早良営業所への折り返し便となり私も営業所まで戻ります。10分ほどで椎原行が到着、前回乗り残した区間を乗車。椎原も福岡市内とは思えないローカル感溢れる場所で曲淵~椎原の脇山支線がなくなったのはとても残念です。
椎原を往復して早良営業所から再び(200)に乗車、単純往復ではおもしろくないと飯倉一丁目で(3)に乗り換えますがこれが失敗。祖原~脇山口が大渋滞でいったい何分かかったことか、行きの(200)が快適だっただけに後悔。道も狭くこのあたりは慢性的な渋滞個所なのかもしれませんね、明治通りは順調でした。福銀前で降り中央郵便局から(27N)みどりが丘団地入口で香椎宮へ。今回の目的は”香椎の海岸”でしたが近くに香椎宮があることに気づき行くことに。(27N)は学生や買い物客で混んでます、順調に走っていましたが香椎のJR踏切がなかなか開きません。
格式の高い香椎宮は夕方で人も少なくゆっくりと参拝が出来ました、ここはいい場所です、行って大正解。香椎宮を後に(28B)で香椎浜営業所に着くと香椎の海岸はすぐ。遊歩道が整備されており”点と線”の時代と比べたら埋め立てが進み対岸には高層住宅が立ち並ぶ人工島が作られ様変わりのようす、でも海の水はなかなかきれい。
帰りは留学生会館でバスを待ちますがとっくに行ったはずのバスが掲示されている、かなり遅れているようで私も随分待ちました。人がどんどん集まり溢れるぐらいでやっと来たのは(22)の普通、皆乗るものと思ったら乗ったのは一人だけ。やはり皆さん都市高経由を選ぶということで私も普通をやり過ごす。ようやく(28B)が到着、何とか座り満員で出発。都市高も混んでいましたが蔵本で降りると土居町へ歩き(3)で博多駅に向かいます。呉服町からの大量乗車にびっくり、博多の駅まで結構距離があるということですね。博多で夕食を取り(12)で天神協和ビルからホテルに入り本日終了。
Posted by せいやま at 2018年06月12日 16:04
どこで勘違いされたか、「200」は国体道路経由ですね。
同じさわら台行きでも「3」は明治通り経由なので2番ですが。

脇山口は、右折が多いためお察しの通り渋滞しやすい場所で
当たり外れが大きいです。
5/22とのこと、何かドームのイベント絡みでしょうか。

「27」「28」も香椎の踏切から鳥居がボトルネックです。

留学生会館から蔵本天神に向かうのに、「22」を選択するのは、
何か明確な意図があるときだけですね。
都市高速直行の「B」系統が快適すぎて。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年06月16日 11:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。