地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年02月28日

さわら台団地南口


バスが停車すると、後ろの車は待たなければならなくなります。
ほいで、追い越し禁止のところはともかくとして、前後の車の通行のことを考えてか、
都心部ではバス停の位置が上下線でちょっとずれてるところが多いように思います。
すなわち対偶として、上下線のバス停が対面のところは、すなわち郊外。



回送するバスもそこそこ多くて、時刻表以上にバスが通る気がする区間。



「さわら台団地南口」です。色あせてます。



毎時6本の日祝日。
確かにバスって、出発するときは時刻表を見て決めた時間に家を出れば、
始発地なので定時に来ますし事足りますが、
帰りは出先を予定通りに出発できるかわかりませんので、
帰り本数のほうが充実していると、より使いやすいのかも。

通勤通学通院需要なんかでも、街に出るのは朝決まった1便だけしかないのに、
帰りには15時台くらいから毎時1本、てな設定になってるとこ、ありますもんね。

ここの場合、「3」の西新方面と「200」の六本松方面、
ともに毎時2本ってとこなんですが、団地終点から早良営業所は回送なのに、
早良営業所からここまでは区間便実写で上ってきて、
即時折り返して街へ向かう運用が多数あるので、上下本数に大きな違いが出ています。



街に向かう方のバス停は、新しめ。



ちょうど向かいに、金武営業所のあたり。
ああ、向こうも丘を切り開いて家を建てたんだな、って思います。
向こうから眺めても、浮かぶ感想は似たようなものです。



歩行者用には、ショートパスに階段もあって、



下のさわら台団地西口バス停付近の直線がよく見下ろせるのですが、
なんかいろいろと雑木が茂ってまして、バスをきっちり撮れる場所が見つかりません。残念。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
昭代三丁目旧西新駅前
室見五丁目
室見川筑肥橋
愛宕一丁目都市高速下じゃないほう
小田部大橋
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)
 昭代三丁目旧西新駅前 (2017-12-06 16:16)
 室見五丁目 (2017-12-05 16:16)
 室見川筑肥橋 (2017-12-04 21:02)
 愛宕一丁目都市高速下じゃないほう (2017-12-03 20:21)
 小田部大橋 (2017-11-27 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。