地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年03月01日

羽犬塚駅前


羽犬塚駅前の、堀川バスのりば。



ちょっと離れて、隣の駅、筑後船小屋温泉。



隣接する芸文館の中の模型、バスが1台、横転しております。



と、芸文館に展示を見に来たついでに、堀川バス。
要した時間だけ考えれば、どっちがついでなのかわかりませんけどね。



八女からやってきたバス。



黒木まで1時間に2本。あとちょっと星野とか福島高校とか、べんがら村とか。



こんな感じ。



西鉄バスも、前を通ります。



「羽犬塚駅前」。旧社紋も。



もともとは「55」の待機場所でしたが、
「50」の半数が船小屋まで行かなくなって、ここで折り返すものができました。



2016年、筑後市は福岡ソフトバンクホークスの新しいファーム本拠地になります。



羽犬塚駅は様変わりしましたが、バス停の設えはあんまり変わらず。



おー、羽犬が観光客に愛されています。
こないだ友人の20代女性が、女性何人かで恋木神社に神社に行ったと話してまして、
ちゃんと観光地化している筑後に驚いたりしています。



JR久留米まで行かないものとか、船小屋までしか行かないものとか。大川行きとか。



JRの時刻表も。こういうの、あとから効いてくるので。




同じカテゴリー(久留米)の記事画像
西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカル編撮影地一覧
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカル編撮影地一覧 (2019-04-12 19:19)
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。