地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年09月06日

壱岐丘中学校前


壱岐丘中学校前。「いきがおか」なのですが、「ヶ」「が」はありませんね。



その名の通り、後ろは中学校です。



金武まで立派な道路が通っており、交通量も多いです。次のバス停は「羽根戸」

この路線ができた当時は「204」の「藤ヶ丘団地」が終着で、
「原」のあたりで「藤ヶ丘団地」行きを見かけて「西の遠いところにいくバス」と認識していました。
一方「羽根戸」行は「2」系統で羽根戸道から吉武を通って羽根戸が終着でしたので、
こちらは「南の遠いところに行くバス」という認識でした。
まさか両地点がこんなに近いとは、当時は思ってもみませんでした。

現在は「1」のほうが本数が多いのは、このエリアが「西区」であることも関係していると思います。


野方まで帰る「1」を待っていたら、「507」の壱岐丘中学校行きがやってきたので、
「これが折り返すの?!」と思いましたが、こちらは回送になり、「1」は金武からやってきました。
営業所近くの終着点で、回送が多いところはどうしても「もったいない」と感じてしまうのですが、
全部客扱いをしたところで収益は見込めないのでしょうね。残念です。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
四箇地区
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
昭代三丁目旧西新駅前
室見五丁目
室見川筑肥橋
愛宕一丁目都市高速下じゃないほう
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 四箇地区 (2017-12-15 21:13)
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)
 昭代三丁目旧西新駅前 (2017-12-06 16:16)
 室見五丁目 (2017-12-05 16:16)
 室見川筑肥橋 (2017-12-04 21:02)
 愛宕一丁目都市高速下じゃないほう (2017-12-03 20:21)

Posted by ちょんびん at 14:26│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。