地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年03月11日

自動車免許試験場正門前


平日午前中の免許試験場。よく利用されているほう。



試験場自体に無料駐車場があるのに、敢えて有料駐車場に入る人も稀でしょう。

私が自動車免許を取ったのは20年以上前ですが、
当時は申請書類の代書屋が何軒もあって、
写真撮影から駐車場から全て面倒みてくれる代わりに、
2000円とか結構な金額を取ってたと思うんですが、ちゃんと商売になってました。
奥の一文字は、その生き残り。

そういえば免許取得の際は、交通安全協会にも加入するのが当然の空気があって、
これって任意なんですよねと楯突く私は、
空気読めない奴、的な目で職員に睨まれたのを覚えています。
いま殆んど加入してるの見ませんけど、それで社会は滞りなく回っていて、
経済とは不思議なものだと思います。



とはいっても当時は外環状道路は無く、ですから当然都市高速もなく、
自動車教習所もマイマイなんて名前ではなく、試験場も旧式で、
ああ言葉ではなく写真として残っていれば懐かしいだろうに、という後悔が、
いまのわたくしのブログ毎日更新の原動力です。



そういえば、野間に自動車教習場があるせいか、もともとは試験場もそっちにあったのか、
いまも私より上の世代の人たち、よく「野間の試験場」って言ってますけど、



現在の免許試験場は、花畑です。



「自動車免許試験場正門前」。ああ打ちこむのが面倒な長いバス停(笑)。
外環を大橋から福大病院まで結ぶ「700」が走りだしたときは、自動車免許試験場前で
運行検証を経て本格運行になって、ちょっと名前が変わりました。
長住~柏原のスジと別の場所であることを明確にするためでしょう。



平日日中は2本、土日祝は1本。
もともと沿線の通院需要を主眼に走ってるバスらしいので、
通勤時間帯の増便もなく、淡々とした均等ダイヤ。



川筋ごとに高台で隔離された扇状地地形だったので、
片江~堤~花畑~野多目という横連携は、距離のわりに道がない不便な状態でしたが、
道ができてみるとあまりにあっけなく通り抜けられて、有難みも忘れがち。



30分に一本だと、こういう適当なキャプションを考えているうちに、
対向も走ってきてくれて、幸せです。2000番台がここの定番。




同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
九州がんセンターを順光で
神学校前 名残桜2017
長住四丁目を淡々と
外環2運行開始と初乗車
油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始
国立福岡病院 「66」乗り入れ開始
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 神学校前 名残桜2017 (2017-05-26 16:16)
 長住四丁目を淡々と (2017-04-22 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始 (2017-04-09 06:06)
 国立福岡病院 「66」乗り入れ開始 (2017-04-07 00:02)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡橙
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。