地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年03月23日

プラリバと西新パレス


上に飛行機、下にバス、西新の岩田屋、じゃなくて、プラリバ。



バス、たくさん。



駐車場の屋上より、北はタワーとかホテルとかドームとか。



脇山口の交差点。2台バスが並ぶのなんて、日常的に見られるかと思いきや、
けっこう待ちました。



プラリバの下に2台並ぶのも、簡単には見られず。
「1」や「25」が西新に来なくなりましたが、
つまりは交通の拠点性が薄くなっているということで、寂しい面も。



高校にマトモに通った記憶もなく、何か特段の思い出もありませんが、
西新には人並み以上の愛着を持っています。



プラリバも今年限りだそうですね。
この場所にはこの建物があるのが当然の世代なので、
次の建物に違和感を感じなくなるには、どれだけの時間が必要なのやら。



向かい側、西新パレス。
ここ終点のバスがなくなることも、高校時代では考えられないこと。



次に惜しむのが、西新パレスでなければいいなぁ、と思います。




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

この記事へのコメント
岩田屋もうないとですね、
姪浜に住んでいた頃、会社帰りに途中下車して
ほうらく(漢字が思い出せない)饅頭をお土産に
買っていた時が懐かしいです、まだあるのかしら。、。。。
Posted by なかの at 2015年03月23日 14:36
岩田屋はもうないとです。けっこう遠い昔になくなったとです。
でも高校時代の思い出が強いので、最近まであったような気もするとです。
高校卒業して25年になるのにです(笑)。
蜂楽饅頭は、いまも元気です。相変わらずおいしいですよ。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年03月23日 16:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。