地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年03月26日

原北中学校前


「202」むろみ団地「原北中学校」。
この道がなくて、バスの終点が室見団地だった時代も、今は昔。



ちょんびん家の行きつけ、ベル・エキプ。



フリーマーケットACB。



「原北中学校前」。小田部二丁目へ行くのは「8」として、
小田部五丁目に行くのは、ほんの僅かな期間「202」が野方行きだった黒歴史、
と思いつつ撮影しましたが、「503」の存在を忘れていました。



こんなに本数があるのに。



天神一丁目通過のお知らせ。
草香江方面に行くものが六本松三丁目を通過したり、
昭和バスのいとしま号が天神日銀前を通過したり、
多少の利便性を犠牲にしても交通全体の潤滑性に重点を置いた改正が見られます。



HARAKITACHUGAKKOMAE。



同じ向きにバス3台。
ここももともとは「202」だけだったのに、「503」という鉱脈を掘り当てたし、
「8」も走るし、と納得していたら、3台とも「503」でした。

こういうときバスナビがあったら、どれが何分遅れているのか、
博多からの便と天神で循環した便、どっちがより影響を受けているのか、
検索して推測することもできるのでしょうが、文明に乗り遅れたままの私、
携帯のメルアドすら持ちません。次に買い替える時は、40代にしてらくらくホンかも。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
一枚目、何気にすごい撮影技術w 狙っても撮れないような感じの流し撮り
Posted by ハンズマン at 2015年03月27日 08:21
もちろん偶然の産物ですけどね。

薄暗くなった夕方に、LEDを目で追いながら撮ったら、
横に手ブレして結果的にこうなった、という(笑)。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年03月27日 14:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。