地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年04月03日

福岡タワーと薬院でLED


3月21日の改正前日、仕事終わりにLED幕を残しに。「25」貝塚駅。



なんか、いろいろと系統があるもんです。「福岡タワーTNC会館前」。



路線図もひとつにまとめようとすると、こんな状態に。



桜色のバス。



「W1」大橋駅経由で那珂川営業所までは「62」。



「4」千早駅。



「3」のさわら台団地行きは珍しくないのですが、
経由地に西南中高前が入る、タワー始発のは数本だけです。



「302」は、ももちランプから都市高速に乗って天神に行き、
そのあとどっちに行くかバリエーションがあります。これは早良営業所行き「200」に。



これも「302」なのに、野方行き。天神から「2-3」に、、、なりません。「203」です。



「54-1」は、快速表示がなくなったらしいです。
平尾と薬院の間に通過バス停があるのも今まで通り。



薬院駅近くに移動したのは、「25-1」も撮りたいと思ったから。
とりあえず信号待ちで目的達成。



「54-1」の反対方面。この写真、上の「25-1」と撮影時間は5分も変わりませんが、
LEDを明るく表示しようと絞りとか設定をいじったら、急に日が暮れたような写真に。



「25-1」リトライ。側面の象アイコンは、撮影失敗残念。



「54」は薬院駅を過ぎても、渡辺通り二丁目や天神三波を通過するので
快速表示でしたが、これも普通系統と扱われるようになってます。

いつもなくなるものばかり追っかけてますが、
ほんとは走りだした「20」なんかを、早いうちに撮るのも面白いんですけどね。



同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。