地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年04月03日

曲手


「子11」供合経由、隘路を大型が走ります。



こんなところで乗降扱い。交差点付近が一番、道幅が広いですからね。



都心部に向けて出発。



「曲手」。菊陽町巡回バス。



交差点のそばにバス停。



路線図。



時刻表。詳細はまったく把握しておらず、
何か触れる機会があった際に、思いだせれば引っ張り出して見たりします。



交差点に佇む黒猫。その後ろでバスを待つ人たち。
繁華街を目指すなら熊本市内方面に行くべきなのかと思ってましたが、
この日は大津まで買い物に行く、って人が複数いました。
確かにバス代は大津の方が安いので。



大津方面バス停。



交差する道路のほうがバス通りより広いのに、そちらは大型通行禁止、
ただし農耕車は除く。



毎時1本とまではいかないのです。
しかも、朝熊本方面に行って、昼からは戻ってくるのが主体のダイヤに見えます。



系統は1つだけです。



交差点の脇に、トラック。



支那そば北熊。



あ、産交のバス停を掲載忘れてました。



トラックが停まってた斜向かいに、(有)ペイシュン。
北熊は中国語でbeixiongですので、恐らくその発音から。



ここで麺や具材が加工されているようです。
バスが走ってなければ、立ち止まることもなかったであろう場所ですが、
なんか知ってる店の関連施設があるだけで、親近感が湧きます、単純なので。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。