地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年04月10日

平木橋両岸


先回訪問時に河川敷を工事していたので、バス通りが広くなってしまう(笑)と懸念したものの、
道路自体はちっとも広くなる気配がなく、何がしたかったのかわからない「平木橋際」。
個人的には、この幅の道に交通センターまでの大型が走ってくれる方が嬉しいわけで。



反対の岸、「平木橋」。
先回の橋際の記事にコメントをいただいて、こちらに旧橋が架かっていたことを知りました。
地図で見ても、確かに旧道からまっすぐ川を渡ると、ちょう反対側が平木橋際バス停。
ただそれを現地で確認するためだけに再訪しています。

意気揚々と訪れて、向こう岸のバス停を見て現地で萌えていますが、
パソコンを前にして、その状況を文章に起こすと、
莫迦丸出しのような気がする程度には、常識と社会性を携えて生きているつもりです(笑)。

こんなバスブログを7年続けられる時点で(ry




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(6)産交バス
この記事へのコメント
ちょんびん様
とうとう、平木橋線の廃止が決まりました(>_
Posted by 沙也 at 2015年09月07日 11:46
情報ありがとうございます。今月末だそうですね。
ツイッターの方では、どうしようか逡巡を呟いておりました。
こちらは放置していてすいません。

個人的には、佐敷津奈木エリアの方が大きな問題でして、
ここや菊陽まで行く余裕があるかどうか、悩んでいます。
コメントいただいたからには、最後にレポートできるよう頑張ります。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年09月07日 11:56
ここは、廃止後の代替手段は講じないと思います。

(まー、それに関しては宇土市が決めることでしょうけどね)

宇土本町1丁目線より、需要が少ないんですからねぇ。
Posted by 沙也 at 2015年09月07日 17:05
確かに芦北は代替の無料バスが走りますし、
津奈木もデマンドタクシーになるようですし、
本当に惜しまなければいけないのは、
こちら平木橋の方かもしれませんね。

廃止区間がそう長くないせいでしょうか、
まだあまり感情移入していなくてすいません。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年09月07日 23:23
そうですねー。

葦北の内陸部は代替バスになってますしね。(津奈木町の動向が不明ですが。役場のHPにも具体的な情報はないし)

どこかで述べられました、大津の山西環状線は存続するみたいですね。
Posted by 沙也 at 2015年09月09日 21:49
山西と内牧循環は存続のようですね。
菊陽と大津で補助金の付け方が違うということかもしれません。

供合の廃止区間は、10月くらいに改めて遺しに行きたいです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年09月10日 20:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。