地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年09月21日

十篭 星野村役場 車庫


「十篭」。「じゅうごもり」と読みます。星野村の中心地です。



なのでバスの方向幕も、星野(十篭)の表示。



星野「村」なので、中心地といっても小さくまとまった集落です。
村役場も交差点のすぐ脇にありますが、「星野村役場」という名前のつくバス停はありません。



この鳥居をくぐって上っていくと、椋谷という別の谷筋があります。
バス路線は最近廃止になってしまいました。



椋谷線の丘の上から十篭を眺めてみます。星野村は棚田でも有名なところです。



十篭車庫は十篭のひとつ先。こちらがバスの終着になります。



路線バスとスクールバスが同居。通学用のバスも堀川バスが委託運行しているのでしょう。
十篭からの朝の八女方面行きは、八女からの回送では遠すぎるため、
十篭に泊まりのダイヤが組まれており、宿泊所もあります。



路線はこの先「板屋」まで運行されていますが、星野村からの補助金の都合上、
十篭車庫でいちど精算が必要です。そのため、この先板屋までの各バス停までの料金は、
通し金額との差額運賃になります。
具体的にいうと、八女→板屋は1150円。八女→十篭は930円のため、
十篭→板屋間のみ乗るとかなり遠い距離ですが220円で乗れます。
十篭からふたつ先の千々谷までは、20円!

9月21日の全記事




同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
柴庵2016
日向神
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)
 柴庵2016 (2016-05-11 07:07)
 日向神 (2016-05-10 07:07)

Posted by ちょんびん at 16:35│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。