地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年09月21日


浦。平日の夕方1本だけ、浦で折り返す便が設定されています。
福岡の市内でも、以前は路線の途中に数多くの折返場が設置され、
かなり多くの行先が柔軟に運用されていましたが、合理化の名のもとに減少する傾向にあります。
堀川バスは路線の本数の割には、途中折返場がまだ残っているといえます。
それでも矢部の宮ノ尾止めはなくなってしまいましたが。



折返場は民家の庭先のようなところ。
同一人物所有の本屋(ほんおく)と納屋の間にあるスペースが利用されていますので。



浦の集落の奥に猿田彦神社がありました。
バスの終着点になるような郊外の集落には、
かならず地元信仰の中心となる神社仏閣が残っています。



猿田彦神社を撮影していたら、向かいの家からおばさんが出てきて、
なんとなくこっちを見ながら佇んでおられました。
「いやぁ、オイラ超不審人物だもんなぁ、すいません」と思っていたら、バスがやってきました。
「動くコンビニ」食料品や生活雑貨の移動販売車です。おばさんはこの車を待っていたのでした。
自意識過剰反省。



浦から板屋までのバスに乗車。運賃表はラミネート加工した1枚の紙。
裏表で上り下りに対応しています。浦から板屋までは50円!!

9月21日の全記事




同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
柴庵2016
日向神
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)
 柴庵2016 (2016-05-11 07:07)
 日向神 (2016-05-10 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:30│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。