地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年04月18日

九大病院


電線のない青空、ちょっと異国ぽく。



病棟の前のバス停を出発して、外へ向かうバス。
バスがやってきた途端にやってくる車。間が悪いけど30分待つやる気は無し。



新しくなった「九大病院」。



日祝は「51」のみ。
柏原からかやってこなければいけない理由もないのでしょうが、
明治通りを通って南西方面から来るうちの1系統を選んだら、これになった的な。
わたくしは個人的にそう解釈しておりますが、深遠な理由がありましたらすいません。
月見町時代から、「51」「52」はとりあえず都心を抜けたら東に来るイメージ。



新病棟の前。



待機場は相変わらず正門の脇にあって、この小屋とのコントラストが麗しいです。




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。