地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年09月28日


我が家の最寄、早良区の「原」です。
拡幅工事が順調にすすみ、早良口まで完全片側2車線になるのも時間の問題です。
そのせいで南行きの「原」バス停が、室住方向へ右折するバスのために原団地側に寄り、
ウチからだんだん遠くなっていきます、って、何メートルの話ですけどw

わたしはバス車両よりも路線が好きで、西鉄ファンの中でも異端ですので、
終着バス停、過去に終着点だったところをずっと追いかけようと現在は思っています。
ブログを書き出した時はそんなコンセプトはなかったので、いつ嗜好が変わるかは定かではありませんが。

そういえば「原」も、昭代経由「7」の終着だったことがありました。
とはいえ折返場があったわけではなく、そのまま壱岐営業所へ回送でしたので、
なぜ客扱いをしないのか疑問でしたが。ということで掲載。



四箇田団地からやってきた「2」天神行。
運賃表が電光掲示になって、フィルムの風情がなくなったのは惜しいのですが、
整理券番号から始発地が推測できるのはよいところ。
LEDの方向表示も、幕に比べて無機質な印象ですが、運行途中に自在に変更が可能なので、
まだいろいろ工夫すると、発展の余地があると思います。
そのうち多色表示にもなるでしょうし。予算がかかりすぎるかな?



風月が潰れて更地になったので、奥の諏訪神社がよく見えます。
交差点の店舗がひとつなくなると、風景がかなり変わりますね。次は何ができるかな?

9月28日の全記事




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 09:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。