地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年05月01日

修猷館前


3車線道路の車線変更。



「修猷館前」鉄板バス停。
いまさらですけど、修猷館高校前ではないのだよなぁ、と思いました。
こちらは城西橋方向に曲がるもの用。
前掲の車線変更のため、普通のより手前に設置されています。



距離感、こんな感じ。



天神方面のバス停は、左。
でも本数を考えたら、そのまま修猷館前を通過して、
西新パレスまで行った方が効率がよいことも多そう。



正門の前を経由して、



修猷館前。



小学校時代ずっと通った本多耳鼻科。代替わり、建て替わり。



プラリバも夏で終わり。



「1」も無くなって、時は流れておりますなぁ。



もう、先頭車位置の標示が必要なほど、ここにバスが集結することも稀なのでは。
私が高校生の頃は、雨の日に原から乗れるバスは、3台に1台くらいの割合だった印象。
いま、満員通過って、どこかで見られるんでしょうか。



都心方面に行くのにそそられず、



脇山口から「3」に乗って、医師会館へ。快速ではない「139」は、けっこうレア。




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。